高瀬 月次と高瀬を隔てる天神山
高瀬 月次と高瀬を隔てる天神山

高瀬と月次そして、熊田を別つ山のひとつ、天神山。
天神山は、県道10号線を大金トンネルから東進すると見ることができます。高さはそう大きくないものの、南那須、烏山を隔てるその山の存在は大きく、今でも曲がりくねる道を越えなければ烏山に到ることはできません。
 そんな天神山ですが、地元高瀬では二つの町を隔てる存在とは違った見方をされることがあったようです。
 麓に今も残る、石碑には嵐除けと学問の文字が見て取れました。古く、荒れた土地で、干ばつも多かったといわれる高瀬には季節的に嵐が来ることが少なくなく、一度の災害からの復興が非常に大変だったようです。(石碑及び付近在住の男性の話)
 天神山の麓には、その歴史の流れを今に残す石碑が奉られており、普段通るだけの景色だった、高瀬に少し違った見方をすることができるような、そんな感想をもてました。
■ 特記事項
民地裏にある場所で、農道を使うか、民地を通るかしか入る方法がないので、駐車をして徒歩で登るのには非常にいい山だと思います。階段があり、自然に溶け込むことの出来る場所です。
■ カテゴリ詳細
自然 石碑 その他(散歩)
(文責:檜山)

高瀬 月次と高瀬を隔てる天神山に関するレビュー(0)
>>レビューする ※SNSのユーザー登録が必要です。

  • カテゴリ・遊ぶ
  • カテゴリ・識る
  • カテゴリ・祈る
  • カテゴリ・創る
  • カテゴリ・観る
  • カテゴリ・食べる
  • カテゴリ・買う
  • カテゴリ・泊まる