懐かしい路地 【仲町-屋敷】
那須烏山市の市街地には、 かつて烏山藩だったころの面影を伝える路地が 比較的残っています。

国道293号線 仲町交差点を 北に6、70mほど進むと、 理容いとうと オープンスペースの間を 西に伸びる細い路地があります。 この路地も 城下町の面影を残す路地の一つです。

この細い路地は、 まず北へ40m伸びています。 両側には それぞれ趣の異なる塀が 続いています。 途中、 南に 冠木門、 北に 平唐門があります。 また、 フェンスの向こうに 稲荷祠の屋根が見えます。

道なりに クランクを曲がっていくと、 夏の日差しの下、 両側に 濃い緑の茂る 西へ向かう通りと、 日差しに白く見える 南へ向かう通りがあります。
この南西角のお宅には、 庭の隅に大谷石蔵があります。
西へ向かうと 毘沙門山参道入り口の近くに 出ることができます。
南へむかうと 進んで30mで、 右手に 『烏山学館跡』 の記念碑があります。 現在の 県立烏山高校の 始まりは、 川俣英夫さんという 一個人が ここに開設した 烏山学館です。

つき当たりのクランクで西に折れると、 空き地が出現します。 夏は 丈の高い ピンクの花が 咲いていました。

最後のクランクを折れ 北に向かうと、 国道293号に出ます。 出口の 少し手前に 木々の間に 氏神のものと思われる 祠の屋根が ちらっと見えるのですが、 みつけることができるでしょうか?

ここで この路地の散策が 終わります。

歩いても せいぜい250mから300m程度の 路地ですが、 発見できるものは 多いようです。 空想の翼を広げてみませんか?

■ 特記事項
スタート地点が 分かりづらいかと思いますので、 ご注意ください。 マップにあげたところが スタート地点です。また、 駐車場は この路地の始まり近くの 中央公園駐車場をご利用ください。
なお、 この路地は、 以外にも 植物が多く植えられていますので、 季節によって 通りの見え方が違うと思われます。
静かで狭い路地です。 地元の方の生活を大切に 散策されるようお願いいたします。

■ 関連情報


■ カテゴリ詳細
歴史 タイムスリップ

取材日:2011/08/29 文責:小室

住所:栃木県那須烏山市中央1丁目

懐かしい路地 【仲町-屋敷】に関するレビュー(0)
>>レビューする ※SNSのユーザー登録が必要です。

  • カテゴリ・遊ぶ
  • カテゴリ・識る
  • カテゴリ・祈る
  • カテゴリ・創る
  • カテゴリ・観る
  • カテゴリ・食べる
  • カテゴリ・買う
  • カテゴリ・泊まる